変わった生態の昆虫についてひたすら書いていくで

参考資料は世界甲虫大図鑑、世界一の昆虫、ファーブル昆虫記、その他ネットの色々な資料やで
見た目重視じゃなくて生態重視で行くやで
昆虫やからクモとかムカデとか寄生虫の話はないけど
最初は有名どころから行くで


エメラルドゴキブリバチ

 


かなり有名どころやと思う
狩り蜂全般に言えることやけどこういう虫は基本獲物を襲っても殺す事はないんやで
この蜂は相手の急所を的確に捉えて針で刺すんや この蜂の場合はゴキブリが獲物やな
刺された相手は死ぬことはないけれども麻酔がかかった状態で幼虫に食われることになるで
この種類の場合は頭に攻撃して脳を麻痺させて相手を巣に導くんや


タイコバエ

 


これも結構有名かな
このハエはアリの頭に卵を産み付けるんや
こうしたアリはなぜか群れから離れていってしまうで
そして幼虫はアリの頭の中身を食い荒らし、空っぽになった頭を切り落として脱出するんやで
こういうアリの寄生者は結構多いから、対策をしているアリも存在するで
ハキリアリは葉っぱを切ってキノコを育てるアリなんやけど、運ぶ葉っぱの上に小さな働きアリが乗っていることがあるんや
この小さなアリは寄生者を追い払おうとしているらしいで


オオシモフリエダシャク

 


工業暗化という現象で有名なガの一種やで
このガは本来白くて木の地衣類に擬態するようになっていたんやけど
工業化で木にすすがかかって黒っぽくなるとこのガの色も黒いのが増えはじめたんや


これなんかの本で読んだことある


めっちゃおもろい


期待


タマバエ 幼生生殖でggると吐き気がする


サンヨウベニボタル

 


これは見た目重視ともいえるかもしれんな
名前の通りホタルに近い甲虫やけど全くそうは見えないのが特徴や
しかしそれより重要なのが、これはメスでオスの姿と全く違うということや

 


これは日本産ベニボタルの写真やけどこの種のオスもこのような姿をしているで
しかも大きさも10倍近く違うらしいし何でこんなに違うんやろうな
日本のホタルでも同じような例はあるで


ネジレバネ

 

 


これもオスとメスの姿が全く異なるで
羽が生えているのがオスで、羽がねじれているのが特徴や
メスは足が全く生えていないから動けないんや

 


メスが潜んでいるのは蜂の腹の中や
樹液の出るところで待ち伏せて、やってきたスズメバチなどに寄生するんやで
寄生された蜂はなぜか働かなくなってしまうんやで・・・
オスは数時間しか生きられないらしいで
ならどうやってメスを探すんや・・・


面白E


一応紹介リスト載せておくで
エメラルドゴキブリバチ
タイコバエ
オオシモフリエダシャク
サンヨウベニボタル
ネジレバネ
ツチハンミョウ
ジュウシチネンゼミ
キリアツメ
ウソツキボタル
ハナヂハムシ
アギトアリ
サハラギンアリ
ゴウモンアリ
ジバクアリ
タートルアント
サスライアリ
パラポネラ
マンマルコガネ
キサントパンスズメガ
ケルメスタマカイガラムシ
アザラシシラミ
グローワーム
チビナガヒラタムシ
ベイツ型擬態を行う虫たち
カモフラージュを行う虫たち
マツノギョウレツケムシガ
クビボソハムシ
コウモリヤドリハサミムシ
ナガヒラタタマムシ
ホノオムシ
セミヤドリガ
コロラドハムシ
チイニューギニアゾウムシ
コウモリバエ
ワタムシ


こういうのすこだから早くやれ


ツチハンミョウ

 


でっぷりとした腹の昆虫や 足の関節からカンタリジンという毒を出すからオイルビートルとも言うで
こいつは昆虫の中でもトップクラスに卵の数が多いで(数千個)
その理由は幼虫の成育がものすごく大変だからなんや
卵から生まれた幼虫は爪をもっている小さな虫で、すぐに高いところに登ろうとするで
そして花のあるところに着いたらそこに来た虫に捕まるんや
さて、この幼虫は一種の蜂の巣のなかで育つんやけど、違った虫にくっ付いたり、オス蜂にくっついたり、花までたどり着けなかったらその時点で終わりや
狙いの蜂に捕まることができたら、後は巣についたら降りて、その巣にある卵や蜜を食べるんやで
大きくなった幼虫は急に芋虫状になってほとんど動かなくなるで
さらに脱皮を繰り返すと全く動かない形態(偽蛹)になるんや
その後もう一度幼虫に戻り、ようやく蛹、成虫になるんやで


おーちゃんみたいなやつやな


ジュウシチネンゼミ

 


これはかなり有名かもしれない
通称周期ゼミや
アメリカに生息しているけど、普段は全くといっていいほどいないんや
やけど17年周期でこのセミは突然大量発生するんや
それ以外の年は地下で幼虫として暮らしているんやで
時間をきっちりと守って、遅れたり早まる奴は一匹もいないんや


ワイがセミやったら皆が死んだあとに出てきそう


キリアツメ(サカダチゴミムシダマシ) Onymacris unguicularis

 


ナミブ砂漠に生息するゴミムシダマシの一種や
この砂漠では朝に霧が立ち込めるんや
そこでこの虫は逆立ちをして体に霧を当てて水滴にするんや
同じ様な方法でモロクトカゲなども水を得ることができるで


ウソツキボタル(ベルシカラー) Photuris versicolor

 


ペンシルベニア州の虫として指定されてる虫や
このホタルは様々な光り方をすることができる
そしてこの光り方は他のホタルのものに酷似しとるんや
すると他のホタルのオスがやってくるんやけど、こいつはそいつを捕まえて喰ってしまうんや
ホタル界のファム・ファタールやな
さらに食べたホタルから毒を体内に蓄える・・・恐ろしいわ・・・


見てるでー


ハナヂハムシ Timarcha tenebricosa

 


比較的原始的なハムシやで
このハムシは鳥などの捕食者から身を守るために赤い血を流すんや
その血には苦い成分が含まれていて、鳥はもうこの虫を襲わなくなるんやで
デカいしノロマやし目立つけど、こうして身を守っているんや

 


何鼻血流してんねん



アギトアリ Odontomachus

 


このアリはその顎を180度まで開くことができるんやけど
閉めるときの速度は時速200km以上になるんやで
そしてその衝撃で飛び出してしまうことも少なくないで
これを使ってアリジゴクから逃げることもあるらしい


昆虫スレ大好きや


サハラギンアリ Cataglyphis bombycina

 


文字通り銀色に輝くアリや
サハラ砂漠は知っての通り灼熱の地やけど、この毛の構造によって日光を防いでいるんや
そして熱くて死んだ虫を襲うんやで コイツは50度以上まで体温が上がっても平気なんやけど
他にも砂漠に生息するアリには、長い足で体を高く持ち上げて熱い地面から体を離している奴もいるで


拷問アリ Allomerus decemarticulatus

 


このハエの足元にある蓮コラみたいになっているものは、このアリが作ったものや
このアリは草木の茎にこのようなトラップを作って、穴の中で獲物を待ち伏せるんや
そして偶然止まった虫を素早く捕まえて餌食にするんや


ジバクアリ(バクダンオオアリ) Camponotus saundersi

 


マレーシアなどに暮らすこのアリは、とある恐ろしい方法で敵から身を守るで
それは腹の一部を破裂させて中の毒液を撒き散らすことや
毒液はねばねばしているから、敵の動きも止めることができるで
なお自爆したアリは普通に死ぬ模様


ただワイの知識をひけらかしたいだけやで・・・


タートルアント Cryptocerus varians

 


この蓋みたいなのはアリの頭やで

 


コイツ自身が生きた入り口になって、侵入者を許さないんやな
このような例は結構あるけれども、ここまでになるとちょっと引くわ


ところで一時話題になった触手で求愛する蛾は紹介せんのか


サスライアリ(軍隊アリ)

 


サスライアリといっても日本に生息する他のアリの繭を盗む種類とは別種や
こいつらは大きな群れを作って通った生き物を何でも餌食にする恐ろしいアリや
といっても毒性はこのパラポネラ(サシハリアリ)よりは弱いけどな

 


コイツに刺されると1日中痛みが続くんやで
とある学者は「熱い炭の上で足に釘を刺される痛み」と表現してるで
Creatonotos gangis mothかな
ガ類はフェロモン関係に定評があるからな

 


おぉそれやそれ
ホンマ気持ち悪いな
日本にもおるらしいな


マンマルコガネ Ceratocanthus

 


甲虫の中でも珍しい、ダンゴムシのように球状化する種類や
かわいい


面白いな


キサントパンスズメガ Xanthopan morganii praedicta

 


ダーウィンがアフリカの長いランを見たとき、このランの蜜を吸える虫がいるはずと予測したんや
そして実際に発見されたんやで その長さは35cmにも達する
ちなみにファーブルはダーウィンとは仲が良かったけど進化論はアンチだったんや


実家にあった図鑑処分してもうたわ
惜しいことをした


ゆっくり待つわ


アザラシに寄生するシラミ Antarctophthirus

 


このシラミはアザラシに寄生する数少ない種類やで
アザラシは大抵寒い地域に住んでいるし、昆虫と相性が悪い海にしょっちゅう潜るからや
でもこのシラミは体に生えている毛で寒さから身を守っているんや
そして比較的暖かい時期になると繁殖を始めるんやで
なおその時の温度は最高でも4度程度な模様


シャチホコガの幼虫も追加して欲しい・・・


ケルメスタマカイガラムシ Kermes ilicis

 


昆虫であることの基本条件
それは体に節があって、足が6本あって、体が頭、胸、腹に分かれていることや
ところがコイツは全て無視している
足なんかなくて、体は完全にカシの枝に固着させている
そして口を枝に突き刺して汁を吸い続けているんや
一応排泄はして、甘い汁になるからアリたちがたかってくるで
この殻の中は必要最低限のもののみで他はほとんど空っぽやで
そして卵はこの殻の中に生みつけるんや
生まれた幼虫たちは最初は普通のアブラムシに近い見た目をしとるけど
ある程度脱皮をすると突然この姿になってしまうんや
ちなみにコチニールと同じで染料として使われていたで
シャチホコガが後でちょっと触れるで


コイツ庭の梅の木に引っ付いてる


グローワーム Arachnocampa luminosa

 


ヒカリキノコバエの幼虫や
洞窟の天井に生息していて、発光する能力を持つで
こいつは天井からネバネバする液体を垂らしてそこで獲物を待つんや
そしてその光に誘われた虫を食べてしまうんやで
ちなみに成虫はすぐ死んでしまうんや 多分幼虫の餌になるんやろなぁ・・・


綺麗やな


多摩動物公園におるけど「グローワーム展示室」としか書かれてないせいで
キモイ虫と勘違いされて素通りされてて可哀想やった


ワイはオオミズアオがすここ


有名なヤツやとニホンミツバチの習性も面白いよな
というか社会性昆虫はどれも結構面白い


チビナガヒラタムシ Micromalthus debilis

 


ほんの数mmの甲虫で、アメリカの一部と日本にのみ生息するで
こいつは枯れ木を食うんやけど、特に変わっているのはその幼虫や
こいつら、幼虫でも卵を産んで増える
まず最初はオサムシのものに似た幼虫が生まれるで
その幼虫が成長すると成虫になるか鉄砲虫型になったり、卵を産んだりするで
その上成長した幼虫はまたオサムシ型の幼虫を産んで、卵からはゾウムシ型の幼虫が生まれるで
子供のまま子供を産むというのは極めて珍しいことや 他にはタマバエなどがそうやけど


ベイツ型擬態
これは他の危険な虫に擬態するという擬態の方法やで

 


例えばこれは蜂に見えるけどスカシバというガの一種なんや
他にもいくつか
カマキリモドキ

 


トラフカミキリ

 


Papilio dardanusという蝶は様々な毒蝶に擬態しているけれども
どの模様同士でも普通に生殖できてしまうんや

 


サンゴヘビとミルクヘビみたいな物やね


シュミッツィーっていうアリの一種が面白かった
ウツボカズラと共生しとるんやで


変わった生態の昆虫といえばイグ・ノーベル賞の昆虫もおったな


カモフラージュ
カモフラージュをする虫を少し紹介するで
ムラサキシャチホコ

 


結構有名な種類やな
この羽は一見曲がっているように見えるけれどもこれはそういう模様なんやで

 


どうしてそうなるんや・・・
ツマキシャチホコ

 


これは現物を見たことがあるで
こいつは枝に擬態しとるんやな
カレハバッタ

 


後はカレハカマキリやコノハムシ、ハナカマキリあたりが有名かな
ちなみにシャチホコガの仲間は本当に個性豊かで、「シャチホコガ」の幼虫はこんな姿をしているで

 


次紹介するのもシャチホコガの仲間や


うほ!


幼虫エイリアンや


シャチホコ蛾の幼虫との最初の出会いは今から30年前の
投稿!特ホウ王国って番組やったな・・・
「お母さん!TVにエイリアンみたいな虫が出てるよ!」
って言った


マツノギョウレツケムシ Thaumetopoea pityocampa

 

 


キッッッッッッッッッ
ヨーロッパに生息するガの幼虫や
この幼虫は松の葉っぱを食い荒らす害虫やで 冬でも結構活発に活動するで
昼間は枝に作ったテントの中で休んでいることが多いんや
こいつらは前の幼虫について回るという習性を持っていて、数百匹の行列ができることもあるで
ファーブルはコイツを鉢植えの縁に乗せて、この毛虫の行列を一周させたんや
その結果一つの丸い行列から幼虫は抜け出せず、7日間もぐるぐる回り続けたらしいで ぐう畜


オサムシの話にも出て来たな


羊みたいやな


コウモリヤドリハサミムシ Arixenia esau

 


洞窟に生息するハサミムシの一種や
こいつらはコウモリの体に寄生するんやけど、その割には体が結構大きいで
餌はコウモリのおこぼれや垢や
ちなみにコイツに寄生するノミもいるらしいで


クロスジヒトリ出た?


ちょっとだけ紹介したで
ナガヒラタタマムシ Melanophila

 


通称「ブラック・ファイア・ビートル」や
こいつが卵を産み付けるのは焼け焦げたばかりの木やで
そのために山火事をいち早く探す赤外線センサーまでついている恐ろしい奴や


カリフォルニアとかにおるんやろかな


日本にいた記録もあるで
ホノオムシ Zarhipis

 

 


(左)
この虫の成虫はちょっとホタルに似ているけれど、変わっているのは幼虫や
この幼虫の主食はヤスデなんや ヤスデとしばらく並走して、体を巻きつけるんやで
その後口から出す液で獲物を麻痺させて喰うんや
後光るで・・・

 


そうなんや


謎すぎて草


おもろいけど昆虫はやっぱキモいな


キベリアオゴミムシ Epomis

 


カエルスレイヤーや
自分より大きい両生類でも関係なしに襲い掛かるゴミムシやで
喰われそうになっても大抵はこいつが勝つんや

 


幼虫の頃からその能力は健在やで


めっちゃやられてて草


ラクダムシ Raphidiodea

 

 


肉食の昆虫や
近い仲間はヘビトンボやウスバカゲロウやで
コイツは蛹も動くことができるらしいんや
リクエストより


セミヤドリガ

 


ヒグラシに寄生するガの一種やで
といってもそもそもセミは寿命が短いし、コイツ自身の重みでセミが飛びづらくなるし
つまり逆に外敵に襲われやすくて危険なのでは?と突っ込んじゃアカン


こいつほとんどメスしかいないんやで
単為生殖してるって考えられてるけどまだわかってない
生態がほとんど謎や


コロラドハムシ Leptinotarsa decemlineata

 


元々この虫は高山地域に住んでいる大人しい昆虫だったんや・・・
でも人間がジャガイモを持ち込むや否や、アメリカ中、ヨーロッパ中に広がった恐ろしい害虫やで
指名手配のポスターも貼られたことがあったで


チイニューギニアゾウムシ Gymnopholus lichenifer

 


この虫は背中に地衣類をつけて生活しているで
この地衣類で虫は擬態できるし、地衣類は移動する虫の上で日光を受けることができるしWin-Winの関係やね
その中にも様々な小さな生き物も住んでいたりするらしいで


ゼノブレイドみたいやな……


コウモリバエ(クモバエ) Streblidae

 


コイツの生態はトップクラスに意味不明や・・・
コイツはコウモリの体に寄生するんやけど、卵ではなくて成長しきった幼虫を産むんや
卵胎生の虫は割といるけれども、こいつの場合は生まれた幼虫はすぐに蛹になってしまうんや
母親がコウモリの血を吸って、腹の中の幼虫を育てているんやな
そしてメスがまた問題なんや
交尾後のメスはさらに脱皮して急に幼虫型に変わってコウモリの体内に潜りこんでいくんや
このとき羽根も足も無くなってしまうんやで・・・


体内に潜ってどこにいくんや…


皮膚の下らしいで
最後や
ワタムシ

 


↑テレビンノキにできたワタムシの虫こぶ
この虫はファーブルの観察した最も難解な一生を送るアブラムシの一種や
最初にテレビンノキに現れた幼虫は葉っぱを虫こぶに変化させてその中で汁を吸い続けるで
そしてメスだけで子供を産み落とすんや このとき白い蝋を出しているからワタムシって言うらしいで
こうして何世代か生きたあと羽があるものが現れて虫こぶを離れて草の下で越冬しつつまたメスだけで繁殖するで
そして再び生まれた羽があるものがまたテレビンノキに戻ってきて子供を産むんや
そして生まれた幼虫は羽もない、口もない、一番小さい地味な形態なんや
しかしこいつらの一番の特徴は、雌雄がようやくまともに存在するようになったということ
そうしてすぐに成虫になって交尾をすると、メスは体内の構造を全て消費して体自体を「卵」にするんや
そして2年の時が過ぎて、再び最初の幼虫が生まれるんやで


2回も変態するんやな
かなり変態やな


以上や
付き合ってくれてありがとうな


面白い


面白すぎて全部読んじゃったンゴ
時間返せや

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。